2010年 09月 20日
# 101 大本流とOSJ。
火曜日の昼、友人からのメールで仕事が手に付かない。雨が降らないように祈りながら週末を迎えた。
e0033745_22561969.jpg

2:30に出発したが、出る直前に大量の雨が降り、ドキドキする。
友人と新規のポイントに入る。流れに変化のある所を探しFly流す。何事も起きないので、駄目かと友人に電話をすると、グッドサイズが今出たとの事。
e0033745_2322263.jpg

意外と浅い流れであった。ポイントを移動して、瀬の中にFlyを流す。ズッシリ重い当りの後、一気にバッキングラインまで下流に走った。激しく水面からしぶきが上がり、姿が見えた。大きい。慌ててバッキングラインまでリールに回収。それでも、かなり下流で暴れている。今までで一番長いファイトを終え、川原に横たわったのは、体高のある綺麗なオスのRainbow。過去最大であった。
e0033745_23142346.jpg


午後にはOSJ開催のオホーツクで釣りをする予定であったが、波が高く、風も強いらしく、釣りは厳しいと言う情報をもらい、ギリギリまで川で釣る事にした。

先週よりも水位が低い事もあり、試して見たいポイントに移動した。確信ポイントを何度も流すと遂にヒゲナガパターンのFlyを銜えた。15ft #7-8のB&Wが水面に突き刺さるほど曲がった。
e0033745_2324437.jpg

今度はメスのRainbow。サイドに鮮やかなレッドバンドが入ったワイルドな鱒でヒレがとても綺麗であった。

友人も3尾のグッドサイズの鱒に出会う事ができ、僕も満足。オホーツクのキャンプ場へ走った。

e0033745_23304621.jpg
e0033745_233189.jpg

キャンプ場では、DNA氏が作った美味しいカレーが用意されており、kurisu氏が炊いたご飯を頂く。美味い!最高に美味かった!ビールを飲み、ジンを少々飲むと、ダウン。前日の朝から寝ていなかったのが効いた。

翌日も風も強く、波が高い。ユックリ起きてポイントへ移動。海が大きく荒れていて、一人の釣り人がいるだけだ。所が、その一人が釣れている。「やるだけやりましょう」という事になり、海へ下りた。
e0033745_2339396.jpg

horiさんが直ぐにHIT!僕も4度目の当りでようやくランディング。大きなオス。でも、かなり色が入った魚なので、即リリース。元気に帰って行った。
e0033745_23415562.jpg

帰りにまた川に寄った。気温が下がりヒンヤリしていた。また新しいポイントを責めたが、何事も無く、日が落ちて終了。今回も良い釣りができ、満足。
[PR]

by shucraft | 2010-09-20 23:49 | River Teshio


<< # 102 秋の天塩川。      # 100 良い日。 >>