「ほっ」と。キャンペーン
<   2011年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2011年 06月 20日
# 122 ソワソワ、ワクワク。
e0033745_2172057.jpg

月曜日からソワソワしていた。週末に備え珍しくタイイングに夢中になっていた。

ようやくやってきた週末。車内の会話から友人達も期待でワクワクしている事が伝わる。ところが、到着と同時に異変に気が付く。虫っ気が無い。
e0033745_2173531.jpg

先週好調だったポイントに入ったのだが、ヒゲナガの姿はほんの少し。反応も凄く悪い。ポイントを移動し、友人がアメマスを釣り、僕はチェリー。本命のレインボーは誰も釣れないという事態。
e0033745_2174854.jpg

更に下流へ移動すると、水量も多く、水温も低い。一度いいサイズの魚が掛かったのだが、バラシてしまった。

結局、数回ポイントの移動の甲斐なく、レインボーの姿を見る事ができなかった。先週の好調から想像も出来なかった結果となった。
e0033745_218345.jpg

それでもそれなりに楽しめた。右往左往してよやく見つけた!と思ったポイントが少し前まで立っていたポイントで仲間と大笑した。

さらに、帰り道に皆で焼肉を食べながら楽しい反省会。レインボーの姿は見れなかったが、今後に繋がる収穫が多くあった一日だった。

AM1時に出て、AM1時に戻った。24時間よく遊んだ。
[PR]

by shucraft | 2011-06-20 21:34 | River Teshio
2011年 06月 12日
# 121 ヒゲナガの季節。
e0033745_21115079.jpg

便利な世の中で、データーが車内から簡単に取れる時代。水位やら、濁度やら、天気やら。お陰で随分迷ったが、友人の強い意志で予定していた北の方向へ走り出した。
e0033745_21121233.jpg

データーからはある程度の濁りは予想していたのだが、全く問題無し。水位はまだ少々高い。草木からは無数のヒゲナガが水面を飛び交っている状況。正にヘブンリバー。
e0033745_21123015.jpg

迷わずドロッパーにヒゲナガパターンを結び、リードにはマーチブラウンを結んだ。ラインはフローティングのスカンジコンパクト。ティプはインターを繫いだ。
e0033745_21125256.jpg

最初のポイントでは、チエリーが掛かってしまった以外は無反応。川は良い状態なのに反応が薄い。次のポイントではライズを見つけ、ティプをフローティング変更。流れを横切るラインが止まり、下流に一気にラインが引き出された。Rainbowのダッシュは堪らない!小振りだが綺麗な魚体だった。
e0033745_2113988.jpg

そしてもう一尾、体高のある良いサイズが出た。いずれもリードのマーチブラウンを食っていた。3度目に出た魚は僕には幻サイズ。ピックアップしようとし、ラインを持ち上げた瞬間にカウンターで掛かってしまったものだからジャンプと同時にラインの結び目から切れてしまった。残念。
e0033745_21132158.jpg

イブニングではヒゲナガが大粒の雪の様に川に振った。無数のヒゲナガが顔や体にバチバチ当る。
そんな中一度だけ魚が掛かった。今までに無いサイズ?だと信じている。川底を一気に横切り、ラインからはジューーッと水を切る音がしていた。一度止まり、今度は下流へ走った。そしてテンションが無くなった。

結局、友人達も良いサイズに出あったり、逃げられたりで楽しい時間を過ごす事ができた。東と北と随分迷ったが、決めてくれた友人に感謝しなくてはいけないと思う。
[PR]

by shucraft | 2011-06-12 21:58 | River Teshio
2011年 06月 06日
# 120 オホーツクの本流。
e0033745_19342933.jpg

この川での思い出と言えば、昨年友人が釣った68のRainbow。体高があり、大きな尾びれの美しい魚だった。上流で釣っていた友人のラインを僕の目の前まで一気に引き出した。うーん。あんなのが釣りたい。と言う事で僕たちはオホーツクに流れる本流に向かった。
e0033745_1934502.jpg

今年のオフシーズンに修理に出し、無事に戻ってきた11,6ftのバンブーにラインはAFSのホバー。改造したテップにはタイプⅢを繫いだ。フライは昨年の今頃にRainbowを釣った実績のある白のwetを結んだ。
e0033745_1935765.jpg

直ぐに反応があった。イメージどうりにラインを引き出してくれたが、残念。チェリーだった。ポイントを移動してもやはりチェリーばかり。最後のポイントでも。。。

予定通りだったのは、帰り道に立ち寄ったよし乃の味噌ラーメンのこってり具合。美味しいが翌日胸焼け気味だった事は言うまでもない。
[PR]

by shucraft | 2011-06-06 21:02 | River Yuubetsu