「ほっ」と。キャンペーン
カテゴリ:River Yuubetsu( 4 )

2012年 06月 04日
#146 オホーツクのコントラスト。
e0033745_21323923.jpg

11.6ft #6・7のバンブーに、ラインはAFSホバーにタイプ3のティプ。フライは白いWet。ゆっくりとしたテンポのキャスト。ワイドループ気味に伸びるライン。なんだか気持ちがいい。
e0033745_21324750.jpg

天気が良く、木々のコントラストがクッキリ浮かび上がる。こんな風景で良い魚が釣れたら最高なのだが。。。目的のレインボーはかすりもせず。山上湖にも寄ったが・・・
e0033745_21325443.jpg

こんな日は美味しい物を食べて次回に期待するしか無い。帰り道に寄ったラーメンよしのは期待どうりのコッテリ味。汁まで飲み干し今日の釣りを締めくくった。
[PR]

by shucraft | 2012-06-04 21:56 | River Yuubetsu
2011年 08月 16日
#126 夏のオホーツク界隈。
今回も東と北の選択に迷ったのだが、結局北へ向かった。今回はオホーツク海でカラフトマスを狙う。
e0033745_12265951.jpg

綺麗な朝日が印象的な朝だった。状況は網がまだあり、100m以上沖でたまに魚影が確認出来る程度。一応振ってみたが気配が無く移動。
e0033745_12272115.jpg

次のポイントでは届く所でも魚が跳ねて居る。魚が古いのか?口を使ってくれない。その後ポイントを南下したが、何処も魚が遠い。僕たちは海を諦めオホーツクへ注ぐ川に移動した。
e0033745_12275112.jpg

この頃の気温は36℃。川も厳しい事を覚悟していたのだが、ヒゲナガやセッジが飛び、時折大きなライズが確認できるグッドコンディション。対岸ギリギリのライズにマーチブラウンをキャスト。数回のキャストでラインが引き込まれた。
e0033745_1228952.jpg

スピードのあるダッシュでレインボーだと直ぐに分かった。数回のダッシュの後、綺麗な魚体が岸に横たわる。満足だった。
e0033745_12282742.jpg

結局このポイントでは終始魚の気配があり、5時間楽しんだ。気が付けば友人が米粒見える程釣り下っていた。久しぶりにWetで楽しい釣りをした。

それにしても良く走った。多分1,000キロを少し切る位の距離かな。毎年の事だが、オホーツクの釣りは体に厳しい。
[PR]

by shucraft | 2011-08-16 13:01 | River Yuubetsu
2011年 06月 06日
# 120 オホーツクの本流。
e0033745_19342933.jpg

この川での思い出と言えば、昨年友人が釣った68のRainbow。体高があり、大きな尾びれの美しい魚だった。上流で釣っていた友人のラインを僕の目の前まで一気に引き出した。うーん。あんなのが釣りたい。と言う事で僕たちはオホーツクに流れる本流に向かった。
e0033745_1934502.jpg

今年のオフシーズンに修理に出し、無事に戻ってきた11,6ftのバンブーにラインはAFSのホバー。改造したテップにはタイプⅢを繫いだ。フライは昨年の今頃にRainbowを釣った実績のある白のwetを結んだ。
e0033745_1935765.jpg

直ぐに反応があった。イメージどうりにラインを引き出してくれたが、残念。チェリーだった。ポイントを移動してもやはりチェリーばかり。最後のポイントでも。。。

予定通りだったのは、帰り道に立ち寄ったよし乃の味噌ラーメンのこってり具合。美味しいが翌日胸焼け気味だった事は言うまでもない。
[PR]

by shucraft | 2011-06-06 21:02 | River Yuubetsu
2010年 06月 13日
# 88 快晴の諸骨川、湧別川。
久しぶりに諸骨川に来た。深みのあるグリーンの水。魚の気配ムンムンだ。
直ぐに50前後のレインボーを数本釣った。サラリと書いたが、レインボーの50upはかなり久しぶりだ。嬉しいのは言うまでも無いのだが、魚のコンディションが良くない。放流なので仕方が無いのだが、胸鰭が無い魚を見ると何だか悲しくなる。

e0033745_21103849.jpg

早々に僕たちは湧別川へ移動した。初めて下流域で釣りをしたのだが、十勝川を思わせる魅力的なロケーション。勝手に大物が潜んでいる事を想像していた。
e0033745_215503.jpg

大きなフライを結び、流れに送り込むが反応が悪い。時折ライズがあるのだが。。。
ストリーマーからWETに結びかえると、直ぐに反応があった。とは言っても、10cm程度のヤマメ。直ぐにお帰り頂いた。それにしても、対岸の深みは魅力的だった。
e0033745_2161033.jpg

時間も限られている為、もう少し上流へ移動した。ここではセッジが数多く飛んでいた。僕は昨年から信頼している、CDCをハックリングしたヒゲナガパターンを結んで釣り下った。
e0033745_2163399.jpg

流れに送り込まず、流れをクロスさせ魚を誘う。すると、ラインからガツン!という衝撃の直後、水面からレインボーが2度飛び出した。
e0033745_2165635.jpg

流れに乗って、なかなか寄ってこなかった。サイズこそ大した事が無いが、諸骨川のレインボーとは違うピンとしたヒレが印象的なレインボーだった。
e0033745_2171471.jpg

今回の下流域はとても良い流れがつづき、癖になりそう。ただ、遠いのが難点だ。
[PR]

by shucraft | 2010-06-13 21:47 | River Yuubetsu