カテゴリ:River Shiribetsu( 12 )

2011年 09月 24日
#129 秋の尻別川。
e0033745_20342274.jpg

9月は天気の影響で釣りができなかった。今回我慢できずに友人達と尻別川へ出かけた。それにしても3週連続で大荒れの天気とは、過去に経験が無い。特に9月は期待していただけに残念だ。

朝ゆっくり出かけ天気の良い中山峠を快調に進む。冬以来の尻別川に向かう景色は何処も懐かしい。最近は遠出が多かったので、札幌から100km強の距離は近いと感じられた。
e0033745_20343846.jpg

お気に入りのポイントは増水の影響で流れが大きく変わっていた。ただ、深いモスグリーンの水の色は代わり無かったが、川底が変わった影響か、いつもの川の匂いがしなかったように思う。

友人が朝一でトロフーサイズを釣った。とても綺麗で完璧な魚体だった。今日はこれだけでも来た意味があると思った。夕方まで釣りをしたのだが、本当にこれだけで終わってしまった。全く生命反応無し。尻別川はやはり厳しいとつくづく感じた。
[PR]

by shucraft | 2011-09-24 21:02 | River Shiribetsu
2011年 02月 13日
# 112 あわないテンポ。
昨年の12月に十勝に行ってから、すったかり引きこもっていた。雪は多いし、仕事もそこそこ忙しいし、何っていったって、友人達が忙しい。

家でマッタリもなかなかいいものだが、フライを巻いたり、オーダーを頂いたランディングネットを作ったりと家でもそこそこ忙しい。
e0033745_18274.jpg

天気の良い3連休の土曜日、遂に川へ出かけた。2ヶ月ぶりの釣りは何かとテンポが合わない。前日の用意から何かがおかしい。この時期のフライは何だっただろう?持ち物は???完璧と思うほどチェックをしたのだが、ランディングネットと、雪の上を歩く時に使っている“ゆきんこちゃん”を忘れてしまった。
e0033745_1822557.jpg

フィールドは気持ちが良かった。足跡の無い雪の上を進み、クリアな水に浸った。2月とは思えない暖かい日差しの中、スネークロールで釣り下る。
多分魚の居そうも無いポイントだったのかも知れない。魚の反応は全く無い。それでも川に立つと言う事は気持ちが良い。
e0033745_1824111.jpg

珍しい事に、午後2時にそろそろ帰りますか?と言う事に。。。多分今回の目的は川に立つことだったのだろう。

帰り道の途中にあるお気に入りの蕎麦屋さんに行く事を楽しみにして、車を走らせたのだが、入り口に“本日定休日”と書いてある。
最後までかみ合わない、でも気持ちの良い不思議な日であった。
[PR]

by shucraft | 2011-02-13 18:34 | River Shiribetsu
2010年 09月 05日
# 99 のんびり尻別。
前日降った雨で行き場所に困った。道東の本流、オホーツクの海。悩んだ結果、朝のんびり起きて尻別へ行く事に決めた。
e0033745_2124354.jpg

残念ながら、川は濁り増水していた。しかし、想定内。近い尻別なので、ショックは少ない。のんびりな釣りを楽しむことにした。
e0033745_21303390.jpg

11.6ftのバンブーを繫ぎ、AFSホバーの先端をカットした部分にタイプ6のティプを繫いだ。ラインとの愛称はスコブル良いのだが、やはり距離は出ない。届く範囲で釣り下る。
e0033745_21351056.jpg

魚の気配は全く無い。空の青が少し濃く感じ、日差しも数日前より弱く秋の気配を感じた。
e0033745_21401810.jpg

午後、普段は滅多に行かないポイントに入った。日陰を小さなセッジが飛んでいた。黒のビーズヘッドのウーリーから、マーチブラウンに結び変えて直ぐに魚の反応があった。サイズこそ小さいが、綺麗なアメマスだった。
e0033745_2145757.jpg

最後にはお気に入りのポイントを流した。久しぶりに来たのだが、流れが大きく変わりビックリした。前まで無かった深みにもう少しで沈する所だった。

帰りには、大好きなジンギスカンとホルモンを友人と食べ満足。終始のんびりできた尻別の釣りだった。
[PR]

by shucraft | 2010-09-05 21:53 | River Shiribetsu
2010年 07月 13日
# 93 イブニング
e0033745_2344555.jpg

10時に友人の家を出発。色々寄り道をして、ニセコ駅には調度12時。美味しいカレーをのんびり食べて1時頃ようやくウエーダーを穿いて川へ降りた。久しぶりに昔よく来たポイントに入る。渇水のエリアにあるプール。
水が少なく、釣りには辛い状況。別のポイントへ。
e0033745_23442799.jpg

上流のポイントは良い流れであったが、反応無し。ニセコ駅の喫茶店のマスターは50サイズを3本上げたと言っていた。多分ここは夕方が良いのだろう。次回の課題。
e0033745_23451554.jpg

確信ポイントの前に、瀬に寄り道。ここも反応無し。そしていよいよイブニングタイム。確信ポイントへ。水位が低いの少し気になる。前回と比べ、15cm程低い。

ヒゲナガパターンのwetを結び、瀬を下る。反応無し。ヒゲナガは殆ど川には居ない。そう言えば、ヌカカも少ない。2度釣り下ったが、ウグイが2度掛かっただけ。

これで尻別川から十勝川へのシフトができそうだ。ただ、土曜日の十勝川は雨の影響でまた濁りが入ったようだ。来週、落ち着くことを願う。
[PR]

by shucraft | 2010-07-13 00:10 | River Shiribetsu
2010年 06月 27日
# 91 久しぶりの本流。
土曜日は昼まで仕事をして、久しぶりに尻別川へ向かった。
e0033745_21335139.jpg

メインとしていた昆布エリアから釣り下る。相変わらず良い流れなのだが、反応が無い。昨年とは流れの筋が変わっていた。数年前によく釣れた頃のラインなのだが、出口まで、全く反応が無かった。
e0033745_2135910.jpg

今日はイブニングの釣りをメインの目的としていた。何処に入ろうか迷ったが、友人がおススメと言うポイントに決めた。6時頃から釣り下り、ウグイが2尾。日が山に隠れた頃、もう一度同じ流れを下った。
ちょうど8時頃、いきなりロッドが曲がった。瀬で釣っていた事もあるのだろうが、かなり強い。一気にラインが出て行き、その後テンションが無くなった。その後40弱だが、体高のある綺麗なレインボーが釣れた。
e0033745_21492739.jpg

撮影後、直ぐにフライを流す。またグッドサイズをバラス。更にもう一度バラシテ本日終了。

掛かった瞬間にデカイ!と思う魚に久しぶりに興奮した。ランディングをする事は出来なかったが、尻別川にはやはり良いサイズがいるのだ。
e0033745_21582825.jpg

イブニングタイムはエキサイティングなのだが、ぬかかの猛攻にあった。手には手袋。顔にはメッシュのガードを被り釣りをしたのだが、手首の隙間から侵入して50箇所近く刺された。腕は腫れ上がり、痒くて参っている。それでも、今日の夕方、尻別川が気になっていた。
[PR]

by shucraft | 2010-06-27 22:08 | River Shiribetsu
2009年 07月 19日
#59 連休は雨
予定していた十勝川遠征は雨の為中止。この雨では何処も駄目だろう。初日、念の為ホームに出かけた。
e0033745_22551794.jpg

増水している水位は午後からの雨でさらに増える事だろう。先週の尻別川は厳しい状況と聞いていたので、期待はしていなかった。
e0033745_22554545.jpg

まずは蘭越のポイントで釣り下る。予想通りと言うか、予想以上に無反応。魚の気配がしない。
e0033745_2256434.jpg

水温が低いのか、釣れないからか物凄く寒く感じる。夏なのに、震えながらの釣りになった。
e0033745_22562377.jpg

昼からはドシャ降り。袖から浸水し、肘までビショビショだ。寒さの勢いが増す。
e0033745_22573091.jpg

タイプ6のティプに繋いだリーダーの先にには、黒のビーズヘッド。瀬の中をスイング中に小さなレインボーが見つけてくれた。

3連休は不完全燃焼と言った感じ。
悪い事に昨日の寒さで今日、熱を出してしまった。少々関節が痛い。年だな。。。
[PR]

by shucraft | 2009-07-19 23:32 | River Shiribetsu
2009年 06月 15日
#56 尻別川の開幕。
e0033745_20513396.jpg

ようやく尻別川の釣りが始まった。冬以来に訪れた本流は、数日前の雨で増水していた。
e0033745_2052241.jpg

お気に入りのポイントでグットサイズが掛かった。レインボーの期待をしたが、残念。チェリーであった。
e0033745_20522624.jpg

昼ころから、ポイントを移動して、異常なし。僕が巻いた、ヒゲナガのイミテーションはウグイの猛攻にあうだけ。イブニングタイムまで尻別川に立ったが、レインボー出会う事は出来なかった。
e0033745_20524292.jpg

帰りに友人達と食べる晩ご飯。最高に美味い!イブニングの後はいつも喜茂別町の『三好』。 お酒が飲めるともっと良いのだが、我慢、我慢。
という訳で、今回はレインボーに出会う事が出来なかった。出来れば早い時期に楽になりたいのだが。。。
[PR]

by shucraft | 2009-06-15 20:49 | River Shiribetsu
2009年 02月 16日
#43 暴風の尻別川。
e0033745_2221472.jpg

天気はあまり良く無い。その程度の予定が。。。
峠の途中で外は吹雪で真っ白。それでも峠を下ると時々晴れ間が見えた。橋の上から川を見下ろそうとした時に、あまりの強風で窒息しそうになった。釣ができるとか出来ないとかのレベルでは無い。正に嵐なのである。
e0033745_2223775.jpg

でも、「やって見なくては分からない」の精神で、風にふら付きながらウエーダーを履いて川へ下りた。風が吹く合間ではあるが、キャストは意外と上手く出来た。でも魚は非難していたのだろう?
e0033745_2225380.jpg

生命反応は一度も無かった。
久しぶりにABUさんと一緒に釣が出来た。友人達と川に立った。それだけで満足だった。
[PR]

by Shucraft | 2009-02-16 22:21 | River Shiribetsu
2008年 12月 21日
#37 尻別川でのんびり。
尻別に行きたくなって、友人と出かけた。到着した時に、丁度昼の合図のサイレンが鳴っていた。
e0033745_014765.jpg

今年の締めとして、尻別川の流れに立ち、ロッドを振ることが出来た。相変らず厳しい川であるが、冷たい水に清められ気持ちが良かった。
e0033745_022287.jpg

来年この川に何度訪れる事だろう。来年こそは良いRainbowに出会いたいものだ。
[PR]

by shucraft | 2008-12-21 23:37 | River Shiribetsu
2008年 10月 14日
#31 紅葉
e0033745_2215282.jpg

日曜の本流は殆どバックのとれないポイントを釣った。そこで、友人の左腕のキャストにビックリした。全く違和感の無いフォームでキャスト。対岸まで伸びたスペイラインは綺麗にターンオーバー。さすが毎度この流れに通っている訳である。僕も真似をしてみたが、。。。リバースのシングルスペイも。。。
e0033745_22152093.jpg

全く反応が無い。ポイントを移動しても、フライを変えても。今日も厳しいホームリバーである。魚の反応は1度きり。当然、チャンスに弱い僕の事だからスッポ抜けた。
e0033745_22153353.jpg

とにかく紅葉が綺麗だった。燃えるような葉の色の崖が映る本流を友人が釣り下っていった。持っていたデジカメで何度もシャッターをきったが、僕が感じたような写真は撮れなかった。
[PR]

by shucraft | 2008-10-14 22:46 | River Shiribetsu