カテゴリ:River Tokachi( 52 )

2009年 09月 23日
#67 連休は十勝。
シルバーウイークって、随分年寄りッポイ呼び名だな?と思うのだが、この時期に5連休はとても嬉しい!予定は練ってあり、オホーツク海のサーモンをキャンプをしながら釣る!事になっていたのだが。。。
e0033745_21471810.jpg

 初日はまず、やはり大好きな十勝川へ出かけた。十勝では、先日、オホーツク→釧路→十勝のルートで移動していた友人と合流。中流域をあちらこちら移動しながら、雄大な流れを楽しんだ。深場で僕のフライを見つけてくれたのは、手のひらから少しはみ出る可愛いレインボーだった。

e0033745_2149853.jpg

 日曜の夜からはオホーツク遠征の予定であったが、先に行っていた友人からの情報では、相当状況が悪いと言う。僕たちは、オホーツクをあきらめ、また十勝へ戻った。
e0033745_2155527.jpg

市街地を流れるポイントで、小さいながら、ポーン、ポーンとジャンプをする綺麗なレインボーにまた出会えた。

e0033745_2202454.jpg

場所的には、トロフィーサイズが出てもおかしくないのだが、そんな出会いはまだ先のようだ。


 今回の目的はサーモンだったので、週末もう一度海へ出かけようと思っている。年に一度はあの強烈な引きを味わっておきたい。
[PR]

by shucraft | 2009-09-23 22:11 | River Tokachi
2009年 08月 30日
#65 十勝と空知のハシゴ。
 釧路の天気が気になっていた週末。片道400㌔の道東はやはりリスクが高い。

結局お気に入りの十勝川本流へ出かけた。水量は多め、水はクリア。相変わらずトルクがある良い流れであるが、魚の気配が無い。
e0033745_17551520.jpg

友人が、支流との合流付近で50UPを掛けたが、バレテしまった。とても悔しそう。何でも、1m近いジャンプを2度も。。。そんな体験だけでも、羨ましい。

美味しい豚丼を食べながら、午後からの作戦会議。比較的近い空知川へ移動を決めた。
e0033745_1832836.jpg

初めて訪れた、比較的上流域。水も綺麗で良い流れである。友人は先週かなり釣れたと言っていたのだが、今週は活性が低いようで、なかなか厳しい。
e0033745_1864733.jpg

ポイントを移動して、魚を探すが、やはり駄目。結局、一番先に入ったポイントで、夕方暗くなる寸前に小さな可愛いアメマスが僕のフライに食いついた。
e0033745_1891121.jpg

[PR]

by shucraft | 2009-08-30 18:13 | River Tokachi
2009年 08月 16日
# 62 夏休みは十勝。
 今週は、世の中は夏休み真っ盛り。15日、僕にもようやく夏休みがやってきた。
オホーツクのカラフトマスもいいが、来週は、知床で沢山カラフトマスは釣れる予定なので、十勝のレインボーに決まった。
e0033745_18375672.jpg

水量は多いが、濁りなど無く、トルクフルないつもの良い流れだ。
到着して直ぐ眠くなり、寝てしまった。友人達は数釣りができたようだ。
e0033745_18381231.jpg

昼が近くなると、30℃を超える気温。川に入るとヒンヤリ気持ちがいい。最近お気に入りのバンブーのツーハンドで釣り下る。流れが緩くなったポイントで、小さな可愛いレインボーが僕のフライを見つけてくれた。



最後は、友人のお勧めのポイントでイブニング。十勝でのイブニングは僕には向いていないようだ。。。
魚はイッパイ居るのだけれどな~。
[PR]

by shucraft | 2009-08-16 18:49 | River Tokachi
2009年 03月 22日
#45 春の十勝ファイナル。
e0033745_2136229.jpg

友人と今週も十勝川に向かった。天気予報は悪くない。久しぶりに暖かい十勝を思い浮かべ走った。辺りが明るくなった頃、風が気になりだした。それでも釣りには問題無いと思っていた。
e0033745_21364117.jpg

目的のポイントに着き、先に着いている友人に電話をした。かなり厳しいと言う。
仕度を済ませ、川に下りると、ため息が出るほど濁っていた。先週程増水はしていないが、茶色である。気持ちは完全に諦めていた。ラインを伸ばし2投目に良いサイズのアメマスがヒットした。意外と今日はいいかも?と思っていると、友人から釣れたと電話が入る。やはり今日は良い!!と思ったのはこの一瞬であった。
e0033745_2137778.jpg

水温がかなり下がっているように感じた。魚は居ても、活性は極端に下がっていたようだ。ラインをアップにキャストしたいのだが、風で戻される。それでも風が止まった時にキャストをし、出来るだけ沈め、かけ上がり付近を丁寧にリトリーブしながら釣り下る。するともう一度アメマスに出会うことが出来た。厳しい状況であったので、嬉しい一尾であった。
e0033745_2138027.jpg

友人と話し合い、利別の濁りがかわせる上流へ移動したが、そこも濁っていた。一応ラインを垂らすが、全くの無反応。駄目元で、朝のポイントへ戻る事にした。
e0033745_21372380.jpg

帰り際に根掛りのように、ラインが止まった。ビーンとラインが鳴り、上流へ登って来る。上手くランディングして今日の釣りを終えた。

十勝本流は多分本格的な雪代が入っていると思われる。今回が春の十勝川ファイナルになりそうだ。
[PR]

by shucraft | 2009-03-22 22:17 | River Tokachi
2009年 03月 16日
#44 十勝本流への期待。
e0033745_22225779.jpg

釣りに出かけたいけれど、天気が悪い。こんなに週末が悪天候になることは珍しい。その分、今回の十勝川本流への期待は大きかった。
e0033745_22231814.jpg

今週も、天候は不安であった。太平洋側の国道は激しい雨が降り続いていたし、十勝川は強風。しこも、物凄く。
厳しい釣りになる事は、誰もが分かっていたように思う。川へのアプローチも想像以上に厳しかった。ホッカイロを忍ばせた事を後悔するほど汗をかいた。
e0033745_2225237.jpg

朝は全く釣れなかったが、上流ポイントにいる友人からポツポツ釣れていると言う情報を頂き、直ぐに向かうとそれ程時間をかけずに十勝本流のアメマスが釣れた。その後も、程よく釣れて満足。

ホテルに移動。帯広の夜を友人達と満喫し、夜も満足。
e0033745_22251916.jpg

2日目は当たり前のように、二日酔い。集合時間ギリギリにロビーに駆け込んだ。

川は増水。多分前日より50cm以上増えていたと思う。濁りも入っていた。当然活性も低く、なかなか釣れない。友人が黒のフライで結果を出したと聞いて、黒のチューブフライに変えた直後、連続でヒット。2日目も満足。十勝川は今回もまた期待に応えてくれた。
e0033745_22253443.jpg

今回は10人強での釣り。今回も色々な出会いが有り、とても楽しかった。今回幹事を勤めてくれた110-Kenさん有難う御座いました!皆さんまたワイワイやりましょう!!
[PR]

by shucraft | 2009-03-16 23:10 | River Tokachi
2008年 12月 08日
#36 忘れられない1日。
e0033745_20502853.jpg

12月の十勝としては、比較的暖かく感じた日だった。朝の反応は今ひとつ。そして食いが浅かった。
e0033745_2052239.jpg

50Upになると、なかなかランディング出来ない。そんな登りのピカピカのアメマスが今回は多かった。

新しい出会いもあった。普段は経験の出来ない事件もあった。今回の釣行は忘れられない1日となった。
[PR]

by shucraft | 2008-12-08 21:07 | River Tokachi
2008年 11月 30日
#35 十勝川の恩恵。
今週の十勝川は先週とまるで違った。
e0033745_19525810.jpg

到着した時の気温はマイナス5℃。先週と変わらない寒さである。自然と両肩に力が入る。何度も「寒い」、「寒い」と繰り返してしまう。ところが、太陽の日差しが照り始めると、ビックリするほど暖かく、風も無い。決定的に違う事は流れが無い事である。
e0033745_2071662.jpg

先週スイングで釣ったポイントは、1日中ダラリと流れていた。こうなるとリトリーブの釣りしか無い。
e0033745_19571837.jpg

フライが深い層を流れるように、カウントダウン。カケアガリ付近を横切るようにリトリーブ。分かりにくいアタリが2度、3度あり、押さえ込まれる。元気の良いアメマスが川を登ってくる。リダーが、ピーンと張って、「ビーン」と音がする。
e0033745_19541641.jpg

十勝川のアメマスはいつも僕達に優しい。今回最も十勝川の恩恵を受けたのがHoriさん。物凄い勢いでロッドがしなる。多分、凄い数のアメマスをリリースしたに違いない。
e0033745_20142047.jpg

鍋焼きうどんを食べ、午後からはバンクが迫るポイントを責めてみた。キャスティングが難しいが、深く、魚の気配が感じられるポイントだ。友人が先に行かせてくれたお陰で、60UPを手にする事が出来た。
e0033745_20182814.jpg

この魚が釣れ、満足したのに、バンクが途切れる所まで釣り下り、もうお腹がイッパイ!という程釣れた。
e0033745_20203590.jpg

友人と川から上がった時には日差しは無くなり、僕の両肩には朝と同じ様に力が自然と入っていた。
[PR]

by shucraft | 2008-11-30 20:40 | River Tokachi
2008年 11月 25日
#34 十勝で沈。
何だかんだで2週連続で十勝に行けなかった。今回は友人達と泊まりで十勝入りした。待ちに待った十勝遠征である。
e0033745_2247011.jpg

十勝川本流は、いつもと同じで、乾燥した冷たい空気であった。
e0033745_22505485.jpg

チャートリュースのフライに直ぐに反応があった。今年も十勝川は優しい。
しかし、1日目はサイズが出なかった。殆どが40を下回る。50Upがやっとであった。
e0033745_2257136.jpg

友人達は、なかなか好調のようである。特にABUさんは絶好調!友人達が楽しそうに釣っている姿を見ると、何だか僕も嬉しくなる。そして良いサイズのアメマスを見ると、僕もやはり釣りたい。
e0033745_2315287.jpg

2日目、あるポイントで、良いサイズが連続で釣れた。念願の60Upが数本。スイング中のフライをガツン!と咥える。流速のあるポイントなので、最高に楽しめた。満足である。
e0033745_2342954.jpg


そして、今回ももう1つの楽しみである帯広の夜。
いつもの友人達の他に、初めてお会いしたフライマンの皆さんと焼肉。毎回であるが幸せな気分になれるのである。更に友人のお店、Bar Speyで美味しいお酒。釣りの話はとまらないのであった。
e0033745_23121631.jpg
e0033745_2313258.jpg


2日目のあるポイントで、満足するほど釣ったのが悪かったのか、沈した。クラっときた瞬間、1歩前進。水位は胸を超えていた。寒さに耐え切れず、撤収となった。
e0033745_23205530.jpg

今回も楽しい釣行であった。いつもの楽しい友人達に感謝。新しい出会いに感謝。偉大な十勝川に感謝である。
[PR]

by shucraft | 2008-11-25 23:30 | River Tokachi
2008年 08月 03日
#22 豚丼とホルモン
早朝の十勝はくもり。しかし、午後には雨が降る予報。午前中は前回一番魚の反応が良かったポイントに入ったのだが、非常に、渋い。流れも水の色もとても良い感じなのだが。。。
e0033745_21391128.jpg

下に下り、反応が2回。いずれも小さい当たりであった。上流に移動して、小さい鱒を2尾。そこそこのウグイが2尾。全く欲求不満なのである。このあたりで、夕方までの釣りが決定的であった。遅くまで釣りをすると問題が起きる。美味い『豚丼』を出してくれるお店は7:30がラストオーダーなので、間に合わないのである。そこで、昼食に目的の豚丼を食した!最高の味である!豚丼はやはり十勝が美味い。
e0033745_2148451.jpg

午後は、少し上流のポイントに移動。重い流れがS時を描き、川幅が少ない分、深い。大物が潜んでいるような流れである。少し下った所で良い落ち込みを発見。何度かフライを流すとラインに異変が感じられ、直後に2度ジャンプした。小さいが元気が良いRainbowであった。
e0033745_21565234.jpg


夕方を待たずに体力の限界を迎えた。本当はこれからが良い時間と言う時間ではあるが、グッタリ。そこで、一路友人が勧めるホルモン鍋の店へ移動した。味噌味のホルモン鍋なのだが、感動的な味であった。この感じ、今後の十勝の釣りが変わる味だった。
[PR]

by shucraft | 2008-08-03 22:27 | River Tokachi
2008年 07月 14日
#21 十勝は雷雨
e0033745_23204157.jpg

土曜の早朝、先週に引き続き、十勝川に立った。前日からの雨が心配であったが、濁りは少ない。
増水で先週良かったポイントには入る事は出来なかったが、30cm程度のRainnbowは数尾釣る事が出来た。狙いのサイズでは無いが、十分楽しめるパワーを持っていた。
e0033745_23305074.jpg

地元の友人の案内で、下流へ移動した。いかにも大物が居そうな流れが幾つも現れる。夢中でキャストしていると、晴天の空で雷が鳴り出した。かなり遠くであったのだが、更に下流のポイントに到着した頃には、稲妻が確認できる程近くなり、ズシリ重い音もかなり近くなっていた。

僕達は、釣り下る事を諦めるしか無かった。
[PR]

by shucraft | 2008-07-14 23:56 | River Tokachi