カテゴリ:Salmon Fishing( 12 )

2012年 08月 28日
#154 ペキンの鼻2012。
e0033745_1175965.jpg
e0033745_1181340.jpg
e0033745_1184540.jpg
e0033745_119117.jpg
e0033745_1191492.jpg
e0033745_1194032.jpg
e0033745_1195475.jpg

恒例行事の1つであるペキンの鼻での釣り。今年も無事に定時帰宅。出発時間に間に合った。

事前情報でペキンは調子が悪いと聞いていたが、やはり魚は例年より少なかった。それでもピンクの疾走を何度も体感できた。

夜は持ち合わせの酒を全て飲み干し、笑った。熊も沢山いた。やはり今年のペキンもパラダイスだった。
[PR]

by shucraft | 2012-08-28 01:38 | Salmon Fishing
2012年 08月 06日
#152 オホーツクのピンクとレインボー。
e0033745_2212827.jpg

12時に札幌を出て4時間と少し。ピンクとオレンジ色の朝日が綺麗なオホーツクの海に到着。まだ時期が早いのか車の数が少ない。
e0033745_22121710.jpg

海に下りキャストを開始。しばらくすると友人が小さなピンクの群れを見つけて僕に教えてくれた。残念ながら僕のフライには興味が無いようだ。群れはそれっきりで見つける事は出来なかった。
e0033745_22123243.jpg

ピンクを諦めて、最近お得意の山上湖へ移動。ここで小さなレインボーに遊んでもらい終了。
[PR]

by shucraft | 2012-08-06 22:30 | Salmon Fishing
2011年 08月 30日
#128 ペキンの鼻でハプニング。
e0033745_23164684.jpg
e0033745_2317210.jpg
e0033745_2317111.jpg
e0033745_23173347.jpg
e0033745_23175122.jpg
e0033745_23182113.jpg
e0033745_23183997.jpg
e0033745_2320334.jpg
e0033745_23204296.jpg
e0033745_23205828.jpg
e0033745_23211458.jpg

今年も知床で思いっきり遊んだ。到着して数分でヒグマが出るなど、今回はハプニング続きだったが、友人達と過ごした2日間はやはり最高だった!

今年は天候に恵まれたが例年よりも魚が少なかった。フレッシュな群れは特に少ないと感じた。来年は「ギンピカ」をもう少し釣りたいと思う。

正面からの強い日差しで鼻の皮が剥けてしまった。今更ではあるが、そろそろUV対策が必要だと思った。
[PR]

by shucraft | 2011-08-30 23:47 | Salmon Fishing
2010年 08月 30日
# 98 ペキンの鼻のカラフトマス。
e0033745_20325137.jpg

金曜日の午後ソワソワしだし、定時に猛ダッシュで帰宅。荷物を友人の車に積み込み相泊を目指す。今年のカラフトマスは何処も調子が上がっていない様だが、ペキンはどうなのだろう?順調に車を走らせ、予定時刻より少し早く相泊に到着した。
e0033745_20331343.jpg

毎年釣り人の数が多くなっている気がする。漁港は賑やかなものだ。海も穏やかで渡船には問題無し。薄暗い知床の海を走り、やがて真っ赤な朝焼けが見えてきた。今年もBandouさんが用意してくれたワインで安着を祝う。
e0033745_20334132.jpg

朝、直ぐに綺麗なカラフトマスが連続で僕の真っ赤なフライを銜えてくれた。全てフレッシュでピカピカだ。スピードのある引きを楽しんだ。
e0033745_2034753.jpg

8時を過ぎる頃から、口を使わなくなった。フライや、ルアーが着水するとザワザワっと水面が動く。この感じは釣れない。何度か掛かるが、多分スレ掛かり。凄い勢いで横に走った後、フックアウト。午後になっても結局調子は上がらなかった。
e0033745_20343664.jpg

もう一つの楽しみである食事。Hamadaさんによる、カラフトマスの料理は毎回最高に美味い!一気にテンションが上がり、お酒も進む。参加の皆さんが各自持ってきた美味しいお酒を頂く。結果8時頃にはダウン。
e0033745_2034549.jpg

友人達は、朝1時まで飲んでいたと言うからビックリだ。本当にタフなオッサン達である。僕たちのイビキがうるさくて、更に寝られなかったと翌日聞いて、少し反省した。
e0033745_2035166.jpg

早寝組が早朝3:30頃目覚め、110-kenちゃんが入れてくれたコーヒーを飲んでから釣り開始。朝は調子が良いと思ったのだが、昨日と同じ群れなのか、口をなかなか使わない。あちらこちら彷徨い、結局河口付近で2連続で掛かった。このヒットで何だかコツみたいな物を感じた。今回掛かったカラフトマスは全てフレッシュでコンディション抜群であった。多分新しい群れが入れば、状況も良くなるだろう?
e0033745_20353328.jpg

今回も、雄大な景色の中、友人達と知床を楽しんだ。帰りの船では、皆笑顔で満足気であった。
[PR]

by shucraft | 2010-08-30 21:32 | Salmon Fishing
2010年 08月 23日
# 97 2010カラフトマス開幕。
e0033745_21595594.jpg

先週叶えられなかったオホーツクのカラフトマス。今週、ようやくオホーツク海へ立った。朝日が綺麗なお気に入りの海である。ただ、魚の気配無し。跳ねもモジリも全く無し。それでも、ロッドを繫ぎ、沖に歩いた。
e0033745_21432219.jpg

友人のロッドがいきなり曲がる。これは良いかも!と思ったが、その後が続かない。ポイントを移動すると、そこそこで少しの群れに出会う。でも口を使ってくれない。やはり渋い。
e0033745_220275.jpg

最後に入ったポイントでは多くの群れが見えた。横のフライマンも釣っていたのだが、僕には当りすら無し。最近粘る事は少なくなったのだが、今回はかなり頑張った。でも、カラフトマスに出会う事は出来なかった。
e0033745_2204727.jpg

そこで、もう一つの楽しみ。モレーナのカレーを食べた。多分1年ぶりだと思うが、最高に美味かった!相変わらず、説明の出来ない味であった。

夕方、天塩川でレインボーを狙ったのだが、ここも当りすら無し。今日はそう言う日、と諦めた。
そういう日が今後続かない事を願う。
[PR]

by shucraft | 2010-08-23 22:24 | Salmon Fishing
2009年 09月 07日
#66 手塩川とOSJ。
そろそろサーモンが釣れたとか、釣れないとかオホーツク方面が騒がしい?
釣り関係のBlogをチックすると、まだ少し早いのか、今年のサーモンの良い話は無い。それでも、毎年楽しみにしている『OSJ』の時期だ。
初日、友人と手塩本流の調査をし、小型のレインボーを確認。昼頃、雨で濁りが出たので、オホーツクへ向かった。
e0033745_2210038.jpg

大潮と満潮が重なり、更にウネリが。。。殆どウエーディング出来ない。今日の釣りはあきらめて、キャンプ場へ向かった。
e0033745_22103559.jpg

友人が用意してくれた美味しいスープカレーを頂、焼肉をお腹一杯食べた。ここで食べる物は皆美味しい!お酒も随分進み、8時頃にはダウン。気持ちの悪い朝を迎えた。
e0033745_22105485.jpg

2日目もウネリがあり、潮が引くまで少し待機。時折、サーモンのジャンプが確認できたが数は少ない。
e0033745_22113624.jpg

潮が引き、目的の場所に立ったが、背ビレは全く見えなかった。途中サーモンを諦め、カラフト鱒を狙う。海草の間を進む群れを発見。ようやく魚に出会えた。
まだ少し早いのか?それとも、今年も数が少ないのか?少し不安があるが、来週以降、状態が良くなることを願う。
e0033745_2212334.jpg

帰り道、モレーナのカレーを久しぶりに食べた。説明の出来ない味。確かに美味い不思議な味だった。

OSJでお会いした皆様。有難うございました!!
[PR]

by shucraft | 2009-09-07 22:47 | Salmon Fishing
2009年 08月 24日
#64 知床『ペキンの鼻』2009
今年も知床のカラフト鱒釣りに出かけた。毎年ワクワクする釣りである。今年も十分楽しんだ。
e0033745_2352257.jpg

天候が悪く、出発直前まで渡船出来るか心配していたのだが、確立は50%との事。片道約6時間をかけて
相泊漁港に到着。総勢16人と出会い、4時の出航でペキンの鼻へ渡った。
e0033745_2304888.jpg

恒例の安着祝いを坂東さんの差し入れのワインで済ませ、荷物を方付け、いよいよ釣りだ。
e0033745_232533.jpg

ヒレが海面を動く。魚はかなり岸寄りしているようだ。数投するとズッシリ重たい当りがあり、真横にラインが数メートル走る。ランディングした魚はギンピカのオス。
e0033745_2333029.jpg

そんな事が何度も起こるのだから皆笑顔、最高の気分。やはりここはパラダイスだ。
e0033745_2335241.jpg

夜はシェフ浜田さんによる最高に美味い鱒料理を囲み宴会。今回参加出来なかったABUさんが差し入れをしてくれた酒も美味しい!アッと言う間に酔っ払い、多分9時頃には寝ていたと思う。
e0033745_2341498.jpg

翌日は3時に起き、迎えの船が来るまで釣った。

帰りは釧路川へ寄った。少し濁りが有り、流れも速い。友人は50弱1本。イブニングで67が1本。僕はウエーダーの塩を洗い流し、帰宅となった。
e0033745_2343444.jpg



今回ユックリお話も出来ない方が多く居た事が少し残念であったが、楽しい2日間であった。来年が今から楽しみである。
[PR]

by shucraft | 2009-08-24 23:56 | Salmon Fishing
2009年 08月 11日
#60 夏。カラフトマス。
珍しく、仕事が重なり釣りに行けない日が続く。気が付くと、アッと言う間にカラフトマスのシーズン。

8月の第2週、僕は友人達とオホーツクへ向かった。
e0033745_20544899.jpg

お気に入りのポイントで水面を覘く。背びれが動いた。そして全身が見えるようなジャンプ!早々に支度を済ませ、海に下りた。

友人のロッドが直ぐに曲がった。そして、僕のロッドも。
e0033745_20551339.jpg

遠投した赤いフライをひったくり、水面が爆発する。そして一気に横に走る。この感触は最高である。

反応が良い朝に満足する数を釣り、釣り場を移動した。
e0033745_20573943.jpg

昼になると強烈に熱くなった。ビールと行きたい所であるが、そこはガマン。アルコール0で乾杯。

e0033745_211988.jpg

夕方の川でスペイロッドを振ったが、結果は25cmのお子様が一名。夏の川はやっぱり厳しい。
[PR]

by shucraft | 2009-08-11 21:06 | Salmon Fishing
2008年 09月 15日
#27 OKHOTSK SALMON JAMBOREE
e0033745_21221327.jpg

毎年この時期に友人達がオホーツクに集結してSalmonを狙う。僕も仲間に入れて頂きもう3年目である。皆凄く気合が入っていて、大連休!を取ってオホーツクに来るのだが、僕は土曜、日曜の2日間参加させて頂いた。
e0033745_21304538.jpg

今回は珍しく、少ないチャンスを生かす事ができた。そして、一緒にオホーツクに行った友人も綺麗なSalomonを手にしていた。
e0033745_21402557.jpg

今年も夜の部へ参加。これが最高に楽しいのである。毎回お腹が捩れる程笑うのである。
e0033745_2146554.jpg

沖縄旅行のポスターのように青い海に青い空。こんなロケーションでグリーンバックのサーモンを手にする事が出来るのだから、止められない。
来年もきっと、オホーツクの青い空や、楽しい友人達に会いに行く事だろう。
[PR]

by shucraft | 2008-09-15 22:06 | Salmon Fishing
2008年 09月 01日
#25 ペキンの鼻はパラダイス。
今年で2度目の知床。今回もダイナミックなロケーションで友人達と最高の思い出が出来た。
e0033745_2210238.jpg



 知床へ向かう途中は時折強い雨が降っていたのだが、待ち合わせの羅臼の相泊漁港はくもり。渡船してもらい、ペキンの鼻に向かう船の上で前回訪れた時の事を色々思い出していた。

思い出だすのは、シェフハマダさんの料理の事ばかり。


e0033745_22313468.jpg

ペキンの鼻に無事たどり着いた安着祝いで、友人達とバンドウさんが用意してくれたワインで乾杯する。すっかり恒例行事である。
e0033745_2227557.jpg


泊まるには十分とは絶対に言えない番屋に荷物を運び終わると早速ロッドとリールをセット。釣りをはじめた。
e0033745_22383323.jpg

群れは見えるのだが、少し古い群れのようであった。口を使ってくる魚は、セッパリで怖い顔をしたオスが多い。何故なんだろう?
e0033745_22435262.jpg

初日は小川の流れ込み近辺で満足できる釣りができた。暗くなる前に、夕食の用意を始める余裕があった。夜はシェフハマダのガーリックが効いた料理で酒を飲んだ。口に入れる物全てが美味しい。流石である。
e0033745_2254437.jpg

翌日。2時頃起きたしまった。かなりの頭痛。完全に酔っている。それでも明るくなる頃からキッチリ釣りをはじめた。魚はかなり岸寄りしていたお陰で、予想以上に釣る事ができた。やはりパラダイスなのである。
e0033745_230728.jpg


今年も友人達のお陰で良い釣りができた。本当に感謝、感謝である。
[PR]

by shucraft | 2008-09-01 23:30 | Salmon Fishing