2008年 11月 30日
#35 十勝川の恩恵。
今週の十勝川は先週とまるで違った。
e0033745_19525810.jpg

到着した時の気温はマイナス5℃。先週と変わらない寒さである。自然と両肩に力が入る。何度も「寒い」、「寒い」と繰り返してしまう。ところが、太陽の日差しが照り始めると、ビックリするほど暖かく、風も無い。決定的に違う事は流れが無い事である。
e0033745_2071662.jpg

先週スイングで釣ったポイントは、1日中ダラリと流れていた。こうなるとリトリーブの釣りしか無い。
e0033745_19571837.jpg

フライが深い層を流れるように、カウントダウン。カケアガリ付近を横切るようにリトリーブ。分かりにくいアタリが2度、3度あり、押さえ込まれる。元気の良いアメマスが川を登ってくる。リダーが、ピーンと張って、「ビーン」と音がする。
e0033745_19541641.jpg

十勝川のアメマスはいつも僕達に優しい。今回最も十勝川の恩恵を受けたのがHoriさん。物凄い勢いでロッドがしなる。多分、凄い数のアメマスをリリースしたに違いない。
e0033745_20142047.jpg

鍋焼きうどんを食べ、午後からはバンクが迫るポイントを責めてみた。キャスティングが難しいが、深く、魚の気配が感じられるポイントだ。友人が先に行かせてくれたお陰で、60UPを手にする事が出来た。
e0033745_20182814.jpg

この魚が釣れ、満足したのに、バンクが途切れる所まで釣り下り、もうお腹がイッパイ!という程釣れた。
e0033745_20203590.jpg

友人と川から上がった時には日差しは無くなり、僕の両肩には朝と同じ様に力が自然と入っていた。
[PR]

by shucraft | 2008-11-30 20:40 | River Tokachi


<< #36 忘れられない1日。      #34 十勝で沈。 >>