2008年 11月 25日
#34 十勝で沈。
何だかんだで2週連続で十勝に行けなかった。今回は友人達と泊まりで十勝入りした。待ちに待った十勝遠征である。
e0033745_2247011.jpg

十勝川本流は、いつもと同じで、乾燥した冷たい空気であった。
e0033745_22505485.jpg

チャートリュースのフライに直ぐに反応があった。今年も十勝川は優しい。
しかし、1日目はサイズが出なかった。殆どが40を下回る。50Upがやっとであった。
e0033745_2257136.jpg

友人達は、なかなか好調のようである。特にABUさんは絶好調!友人達が楽しそうに釣っている姿を見ると、何だか僕も嬉しくなる。そして良いサイズのアメマスを見ると、僕もやはり釣りたい。
e0033745_2315287.jpg

2日目、あるポイントで、良いサイズが連続で釣れた。念願の60Upが数本。スイング中のフライをガツン!と咥える。流速のあるポイントなので、最高に楽しめた。満足である。
e0033745_2342954.jpg


そして、今回ももう1つの楽しみである帯広の夜。
いつもの友人達の他に、初めてお会いしたフライマンの皆さんと焼肉。毎回であるが幸せな気分になれるのである。更に友人のお店、Bar Speyで美味しいお酒。釣りの話はとまらないのであった。
e0033745_23121631.jpg
e0033745_2313258.jpg


2日目のあるポイントで、満足するほど釣ったのが悪かったのか、沈した。クラっときた瞬間、1歩前進。水位は胸を超えていた。寒さに耐え切れず、撤収となった。
e0033745_23205530.jpg

今回も楽しい釣行であった。いつもの楽しい友人達に感謝。新しい出会いに感謝。偉大な十勝川に感謝である。
[PR]

by shucraft | 2008-11-25 23:30 | River Tokachi


<< #35 十勝川の恩恵。      #33 インドアな週末。 >>